Web雑記(仮)

雑記を溜めています。コンテンツ化はあとで考える。

三日間もブログの更新をサボった感想

まぁ良いかな。以上。

 

 

仕事のスケジュールがしんどくなると、ブログの更新というのは優先順位下がりがちになってしまう。web上にアウトプットの場とか習慣を作っておくのは長期的に大事だと思うので今後も続けようとは思っている。

 

しかし「ブログ始めて数ヶ月で○○万円~」みたいなゴリゴリのアフィリエイターになるつもりも無いし、自分には向いていないなとも感じた。

 

自分の会社員としての仕事あるいはプライベートで日々感じたこと、これまで考えてきたこと、これからやりたいと思うことをweb上で表現する場としたい。その表現を普通に生活していたら関わることのない人たちと共有したい。

 

主軸は社畜。趣味ブログ。

 

 

という感じで、とりあえずアウトプットの習慣作りを頑張っています。

雑記:ブログを習慣づけるために無理矢理でも毎日更新してる感想

しんどい。

 

 

以下は雑記、というか日記

本日は燃えそうな案件があって22時くらいに会社に呼び出されました。

無事鎮火しましたが、呼び出されたときすでにビールを2リットルくらいのんでいたことは誰にも言えませんでした。

 

労働法で保護されない取締役はつれー。つれーわー。

 

雑記:会社終わって半ば死んくらいのヘトヘト状態で書く記事

頭が働かなくてなんも書けないっすーwwwww

 

筆が進まないのは、ブログのテーマが何も決まって居ないからのような気がしました。業務の報告書とかは寝ながらでもかける。書くことも形式も一定程度定まっているからオートパイロットで筆が進む。

 

しかし何も方向性の無い雑記ブログというのはかえって書きづらい。ブログのテーマを少し限定したほうが良さそうだー。何かテーマが決まって居れば、思いついた内容が直接ブログのテーマに関係無くとも、関連付けて内容を広げることが出来るかもしれない。

 

無限定な雑記だと毎日テーマを考えるのが大変です。

 

自分の興味関心事を見つめ直したほうが良いのかもなー。

上記のことも、頭に入れつつ、今はアウトプットを習慣づけること、アウトプットを楽しむことだけを考えて続けよう。

 

書評:多動力(堀江貴文)

1月のkindle unlimited本が結構熱いのが多い。

堀江さんの「多動力」とか田端さんの「ブランド人になれ」とか落合陽一の「日本再興戦略」とか、気になってたタイトルがいっぱい対象になってる。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

今日は対象本の中から堀江さんの「多動力」を読んだ。

著者に関しては紹介する必要はないと思うけど、ライブドアの元社長で東京地検特捜部に逮捕されて、刑務所からメルマガ発行して出てきたと思ったらロケット打ち上げたりしているよくわからん人だ。

 

多動力を持つ人(著者である堀江さん本人)の行動や、多動力を持つメリット、多動力を持つためにはどうしたら良いか。なんてことが書いてある。

 

自分の得意分野があって、その分野に関しては上位1%に入るという人であっても所詮は100人に1人の人材である。

 

多動力をもって行動し、興味のあることに没頭し、得意分野が増えれば自分の希少性はかけ算で増えていく。(100人に1人)×(100人に1人)×(100人に1人)の人になれば掛け算で100万人に1人というおもしろ人材になれる。

これは田端さんの「ブランド人になれ」にも共通している見解だと思う。

 

堀江さんは常に興味のあることに没頭することで、得意分野を増やし、完全にオンリーワンの人間になっている。

 そして、オンリーワンの堀江さんはコンテンツの「原液」を作ることが出来て、この原液から薄められたコンテンツが勝手に金を稼いでくれる状態である。(うらやましい。)

この本だって堀江さんの本質的な部分を編集者が読みやすい濃度に調整したコンテンツの一つだろう。濃いめだとは思うけど。

 

----------

 

この本の各章にはjust do it (やってみよう)というコーナーがあり、多動力をもつ人になるためにどうすればよいか、という観点から実際にとるべき行動が書かれている。

 

□もし、明日から会社が一か月休みになったとしたら、何をやりたいか?一つ思い浮かべよう。

□そして、今日からそれを実行しよう。

□ハマりすぎて、アポを飛ばしてしまっても、会社を休んでしまっても構わない。

□それで会社をクビになったら、そのハマっていることを仕事にしよう。

上記は自分が印象に残った一例だけど、なかなかに刺激的だ。

 

一か月休みがあったらプログラミングとブログと試験勉強がしたいなぁと思ったので、備忘もかねて書評を書いた次第です。

 

 

毎日更新とか無理ゲー

金曜日は仕事終わってから飲みに行き、四次会くらにまで飲んだ。オカマバーでなんだかひどいものを見た気がするが夢だったと思うようにする。

 

土曜日は20時間くらい眠った。ブログは更新したつもりだったのだが、夢だったみたいだ。

doda「転職市場予測 2019上半期」発表 「専門性」を持つ人材ニーズの高まりを予想

doda「転職市場予測 2019上半期」発表 「専門性」を持つ人材ニーズの高まりを予想
 

doda.jp

「経理の求人数は2018年に引き続き、増加していくと見込まれています。
(中略)
担当する仕事が日次や月次の定例業務なのでアピールすることがないと思っている人も、業務の改善や効率化に携わった経験があれば転職活動の際に積極的にアピールできます。「市販ソフトの導入によって業務を効率化した」「経費精算をマニュアル化することで手戻りを減らした」といった、小さな改善も十分に評価してもらえます。

特定の業務分野に絞ると、原価計算・キャッシュフロー分析・収益性分析など社内のさまざまな数値を分析して企業経営の指針を示す管理会計の経験者へのニーズが高まっている」

その他にはIPO経験とかが「専門性」として上がってました。

AIに仕事奪われる職ランキングのトップランカーですが、需要は増えているようです。